生理痛が1日目だけひどいのはなぜ?痛みを和らげる対処法も解説

生理中の腹痛や頭痛、吐き気などに悩まされている女性はたくさんいます。

症状や痛みの程度には個人差がありますが「1日目だけ特に生理痛がひどい」と、生理が来るたびに憂鬱な気分になっている人は多いです。

この記事では、生理痛が1日目だけひどい原因や痛みを和らげる対処法をご紹介します。

生理痛が1日目だけひどいのはなぜ?

生理痛は初潮を迎えた多くの女性が経験しています。

腹痛や頭痛、吐き気、腰痛など痛みを感じる場所や痛みの強さは個人差によりますが、特に1日目にひどい痛みを感じている人が多い傾向にあります。

人によっては生活に支障がでるほどの痛みを感じる人もおり「生理痛は病気じゃないから仕方ない」と我慢できるものではありません。

こちらでは、なぜ1日目に症状を感じる人が多いのか、考えられる原因をいくつかご紹介します。

プロスタグランジンの生成によるもの

1日目に生理痛がひどくなる原因の1つにプロスタグランジンの生成があります。

プロスタグランジンとは、子宮から剥がれた子宮内膜を「経血」として外へ排出するために子宮を収縮させるホルモンのこと。

このプロスタグランジンの生成が多くなると、子宮収縮も多くなり下腹部や腰に強い痛みを引き起こします。

さらに、プロスタグランジンには痛みを強める作用もあり、一般的な生理痛の症状にプラスして吐き気や食欲不振などの病的症状が発生する「機能性月経困難症」の原因ともいわれています。

女性ホルモンの分泌によるもの

月経痛は女性ホルモンの分泌も大きく影響しています。

女性の身体は排卵と月経を一定周期で繰り返していますが、この生理周期には卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンとよばれる2つの女性ホルモンが大きく関係しています。

月経痛が起こりやすいのがプロゲステロンとエストロゲンの分泌量が激減する生理1~2日目のタイミング。

特にエストロゲンが急に減ると血管収縮作用のあるセロトニンも減少してしまうので、頭痛が起きやすいです。

婦人科系の疾患によるもの

個人差はあるものの生理痛を経験したことのある女性は多く「生理中の体調不良は仕方ない」と考えている人も多いでしょう。

しかし、日常生活に支障がでるほどの生理痛がある場合には、婦人科系の疾患による「器質性月経困難症」の可能性も考えられます。

器質性月経困難症の原因となる主な疾患には、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症などがあり、複数合併していることも少なくありません。

生活習慣の乱れやストレスによるもの

生活習慣の乱れやストレスをためていることも、生理痛がひどくなる要因の1つ。

ストレスは自律神経の乱れや血流を悪化させ、下腹部痛や頭痛などの痛みを強めてしまいます。

また、生活習慣の乱れやストレスは体温調節機能も低下してしまうので、冷えにもつながりやすいです。

冷えるとさらに血の巡りが悪くなり痛みが強まるという悪循環に陥りやすいです。

生理痛が1日目だけひどい時の対処法

生理痛が1日目だけひどくなる原因は人それぞれ違うので、その人に合った対処法が痛みの緩和には大切なポイント。

そこで、生理痛がひどい時の対処法をいくつかまとめました。

簡単な工夫で痛みがグッと楽になるので、生理痛がひどいと感じたら我慢せず緩和対策をしてくださいね。

薬を飲む

下腹部痛や頭痛、腰痛などの痛みをすぐに和らげるなら薬の服用が効果的です。

「生理痛ぐらいで飲むのはちょっと…」とためらう人も多いですが、痛みを我慢すると薬が効きにくくなるだけでなく、ストレスで痛みが強まる可能性もあります。

生理痛を和らげる時に用いられる薬にはいくつかあるので、まずは婦人科などの病院へ相談してみましょう。

低用量ピル

ピルは避妊のために服用するイメージが強いですが「低用量ピル」は、生理痛の緩和にも使用されている薬です。

低用量ピルはプロスタグランジンの生成を抑えてくれるので、機能性月経痛などの強い痛みの緩和が期待できます。

また、子宮収縮も抑制してくれるので、生理痛のひどい痛みに悩んでいる人にもおすすめです。

ほかにも、低用量ピルは生理不順やPMS(月経前症候群)などの月経周期の悩みやトラブルの改善にも用いられています。

生理痛に限らず生理に関しての悩みがある人は、低用量ピルの服用を検討してみましょう。

鎮痛剤

痛みの緩和を和らげる際に用いられることが多いのが「鎮痛剤」。

鎮痛剤は生理痛の原因であるプロスタグランジンの生成を抑えてくれる働きがあるので、1日目のひどい痛みにも効果的です。

ただし、痛みが強くなっている状態だと効きにくいので「これから痛くなりそうだな」と感じた早いタイミングでの使用がベスト。

生理痛に効く痛み止めは、ロキソニン、バファリン、ボルタレンなどが用いられます。

漢方薬

生理痛の緩和に用いる薬は、鎮痛薬のほかに漢方薬を処方する病院も多いです。

漢方薬は天然由来の生薬を用いた薬で、現在の状態や体質に合わせて処方されます。

副作用も比較的少ないとされており、体質を改善しながら血の巡りをアップし、生理痛を和らげます。

生理痛の緩和として用いられる代表的な漢方は以下の通りです。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)

身体を温める

生理のたびに頭痛、腹痛などの症状に悩んでいる人は、体質改善することが大切です。

手軽にできるセルフケアとしておすすめなのが身体を温めること。

温めることで血の巡りが良くなり痛みも緩和できるので、生理中はもちろん日ごろから身体を温めることを意識するといいですよ。

特に、身体を温める方法でおすすめなのが入浴です。

腰や足などの下半身を中心に温めることができ、生理痛の緩和が期待できます。

おでこに軽く汗をかく程度までしっかりと浸かって身体を温めてあげましょう。

また、日ごろからできる体質改善としては、使い捨てカイロでお腹や腰を温めるのもおすすめですよ。

軽い運動をする

軽い運動は血行を良くしてくれるので、生理痛緩和にも効果的です。

肩幅程度に足を開いて腰を8の字に回したり、椅子に座って足首の曲げ伸ばしをしたりなど簡単なものでOK。

下半身をメインにほぐして血の巡りをアップしましょう。

ただし、動けないほど身体がつらい時の運動は返って体調が悪化する恐れがあります。

痛みがひどく動けない時は無理をせず、安静にしておいてくださいね。

ツボを刺激する

生理痛の緩和にはツボの指圧やマッサージもおすすめ。

気持ちいいと感じるくらいの強さで指圧したり、ホットパックで温めたりすると効果的です。

また、マッサージすることで血行が良くなるので、冷えによる痛みの緩和にも期待できます。

生理痛に効くツボをいくつか紹介します。

  • 三陰交(さんいんこう):くるぶしから指4本分上
  • 腎兪(じんゆ):腰の一番くびれているところの背骨から指2本分離れた左右
  • 気海(きかい):おへそから指2本分くらい下の正中線上にあるツボ

生理痛が1日目だけひどい理由はさまざま!辛さを我慢せずに病院へ相談を

生理痛が1日目だけひどいのは女性ホルモンの分泌によるものや、ストレスなど様々な要因が影響しています。

日常生活に支障がでるほど痛みが強い場合は「機能性月経困難症」や「器質性月経困難症」の可能性があるので要注意。

辛い時は我慢をしないで病院へ相談することが大切です。

半身浴やマッサージ、運動などのセルフケアをプラスして、ひどい生理痛が起きにくい身体づくりを目指しましょう。

この記事のまとめ
  • 1日目だけひどい生理痛はプロスタグランジンの過剰な生成が原因
  • ストレスや生活習慣の乱れもひどい生理痛を引き起こす可能性がある
  • 子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患が痛みを強くしているケースもある
  • 生理痛がひどい時は鎮痛剤や漢方などを服用しよう
  • 日常生活に支障がでるほど痛みが強い時は我慢せず病院へ相談しよう

社会貢献に繋がる新たな広告メディア
「OiTr ads」

OiTr adsへ広告出稿をご検討いただける企業様は、お気軽に下記窓口へお問い合わせください。

広告出稿に関するお問い合わせ

OiTr(オイテル)アプリ【無料】

上記バナーよりアプリインストールと簡単なユーザー登録で、個室トイレに設置されているOiTr(オイテル)がすぐに無料でお使いいただけます。オイテルの設置場所はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA