ナプキンをつけて歩くと音がする!カシャカシャ音への対策方法を解説

※この記事は一部プロモーションを含みます

毎月一度はやってくる生理。

その際ナプキンをつけますが、みなさんのなかには「ナプキンのカシャカシャ音が気になる」という人もいるのではないでしょうか?

ナプキンを交換するときならまだしも、歩いているときや、静かな場所では周りに聞こえてしまうかもと不安になりますよね。

本記事では、ナプキンをつけて音がなる理由や対策方法を紹介します。

ナプキンをつけて歩くと音がする…これって周りに聞こえてる?

生理の際、誰もが一度は気にしたことのある、ナプキンをつけたときのカシャカシャ音。

実は、意外にも周りには聞こえていません。

とくに、初潮を迎えたばかりの子たちは「周りに音が聞こえていたら…」と気が気じゃないでしょう。

自宅でも学校でも「自分だけ?」と不安になりますよね。

「なにか対策方法があったら」とも思うはずです。

しかし、実は自分が思っているほどカシャカシャ音は周りに聞こえておらず、大きな音もなっていません。

ナプキンをつけている自分が体感しているだけなので、必要以上に心配しなくてもいいですよ。

ナプキンをつけて歩くと音がする理由は?

周りに聞こえないといっても、なぜナプキンをつけて音がするのか理由が気になりますよね。

理由は人によってさまざまですが、多くの場合はナプキンがしっかりとフィットしていないことが要因でしょう。

ナプキンとショーツ、ナプキンとお尻、どちらもフィットしていないと隙間ができ音がなってしまうのです。

あるいは、ナプキンが合っていないのかもしれませんね。

ショーツやお尻のサイズに合わせて選ぶとよいでしょう。

ナプキンをつけて歩くと音がする時の対策方法・解決策!

心配する必要はないとはいえ、どうすれば音がならなくなるのか知りたいところ。

音がなる理由がわかっても、対策しなければずっと気にしたままです。

ここからは、ナプキンをつけて歩くと音がする時の対策方法や解決策を紹介します。

「どうしても音が気になる…」という人は、ぜひ試してみてくださいね。

オーバーパンツを履いて密着度を高める

密着度を高めるために、オーバーパンツを履いてみてはいかがでしょうか?

歩いたときにカシャカシャなるのは、ナプキンがフィットしておらずヨレてしまうから。

オーバーパンツであれば、伸縮性に優れたものが多いのでぴたっと密着します。

三分丈のものやショートタイプまで幅広いので、その日の洋服に合わせて履くのがおすすめ。

普段の生理用ショーツに重ね履きするだけで、カシャカシャ音が気にならなくなりますよ。

ただし、デリケートゾーンがムレる可能性があるので、通気性や速乾性に優れたオーバーパンツを選びましょう。

タンポンを入れてみる

「オーバーパンツは締め付けが気になる…」という人は、タンポンを使ってみてはいかがでしょうか?

タンポンは経血量によってサイズを選べるため、ナプキンと併用すれば量が多くても安心。

たっぷり吸収してくれるので、よりフィットするよう、普段より一回り小さいナプキンをつけてもヨレにくく、音がなりにくいでしょう。

タンポンには、吸収体を体のなかの正しい位置に導くアプリケータータイプと、指で直接入れるフィンガータイプの2種類があり、初心者にはアプリケータータイプがおすすめです。

吸水ショーツや月経カップを使う

吸水ショーツや月経カップを使って、ナプキンをつけないという選択肢もあります。

吸水ショーツとは、ショーツ自体がナプキンやタンポンのように経血を吸収してくれるものです。

これならナプキンのカシャカシャ音を気にする必要はありません。

抗菌や防臭機能があれば、より快適に過ごせるでしょう。

月経カップとは、カップを膣内に入れて経血を溜めるものです。

これなら、多い日に何度もナプキンを交換する手間が省けますし、何より音がなりません。

また、煮沸消毒すれば何度も使えるので経済的。

音がならず、環境にやさしい生理用品が気になる人は、ぜひ試してみてくださいね。

ショーツ型のナプキンを使う

ショーツ型ナプキンとは、ナプキンとショーツを一体化させたものです。

ズレやヨレ、隙間を作らないので経血モレを防ぐのに便利。

製品のほとんどは夜用ですが、あまりトイレに行けないときや、経血量が多い日中でも使えます。

万が一、横モレしてしまっても洗濯する手間がないので「量が多くて吸水ショーツでは不安…」という人におすすめです。

密着力があるおすすめ生理用ナプキン5選!

ナプキンをつけて歩いた時に音がする対策方法として、いくつかの生理用品を紹介しました。

しかし、音が気になる人のなかには「やっぱりナプキンを使いたい」「普段使っているから安心する」という人もいるでしょう。

そのような人におすすめの生理用ナプキンを5つ紹介します。

今使っているナプキンが合っていない、あるいは別のナプキンを試してみたい人は、ぜひ参考にしてください。

ロリエ しあわせ素肌 通気超スリム

ヨレにくさに加え、こすれにくく、ベタつきにくいナプキンがよい人は、ロリエの「しあわせ素肌 通気超スリム」がおすすめです。

スリムなため、お尻にしっかりフィットしヨレを軽減。

そのため、ナプキンがズレることによるカシャカシャ音が気になりません。

また、吸水した直後からさらっと感があるので、生理中でも快適に過ごせます。

通気性もよいので、ムレが気になる人にもおすすめですよ。

ロリエ 肌きれいガード

フィット感に加え、吸収力に優れたナプキンがよい人は、ロリエの「肌きれいガード」がおすすめです。

肌きれいガードは動いたり、座ったりしたときのドバっと経血を瞬時に吸収。

ベタつきがなく、さらっとしたつけ心地なので、生理中のどんより気分を軽減してくれます。

表面シートは、ふんわり密着クッション設計なので隙間を作らずヨレる心配もありません。

音がならないだけでなく、吸収力も重視したい人は、ぜひ試してみましょう。

エリス コンパクトガード

着用感がほぼなく、使い心地の良いナプキンがよい人は、エリスの「コンパクトガード」がおすすめです。

コンパクトガードのシートの薄さは、20.5cm羽つきの場合なんと1.9mm。

極薄なのでしっかりお尻にフィットし、着用感をほとんど感じないのが魅力です。

また、液戻りしにくいので、サラサラ感が続くのもポイント。

肌への負担が少なく、お尻への密着感がほしい人は、ぜひ使ってみてください。

エリス 新・素肌感 Style+

薄いのに吸収力に優れ、ズレにくいナプキンがよい人は、エリスの「新・素肌感 Style+」がおすすめです。

同社製品の吸収力はそのままに、従来品よりも薄くなり軽いつけ心地。

23cmとほどよい大きさで、粘着部分が強いのも魅力です。

ショーツからズレにくいので、カシャカシャ音は気にならないでしょう。

吸収後のさらっと感を求める人、スリムタイプで吸収力を求める人にぴったりです。

ソフィ はだおもい オーガニックコットン 極うすスリム

スリムタイプに加え、肌トラブルが気になるという人には、ソフィの「はだおもい オーガニックコットン 極うすスリム」がおすすめです。

こちらは、肌に触れる面にオーガニックコットンを使用。

ふんわりした肌ざわりなので、ナプキンによる擦れが気になる人にぴったりです。

また、ナプキン自体が極うすなので、ズレないのもポイント。

歩いたときのカシャカシャ音を軽減してくれますよ。

使用感に優れ、お肌のストレスを軽減してくれるナプキンを探している人は、ぜひ試してみましょう。

ナプキンをつけて歩いた時の音は意外と聞こえない!不安な人は密着力を高めよう

生理の際、ナプキンをつけて歩いたときにするカシャカシャ音。

誰しも一度は気にしたことがあるでしょう。

「聞こえていたら…」と不安になっているかもしれません。

しかし、実は自分が思っているほど音は周りに聞こえていません。

自分がナプキンをつけているので、そう体感しているだけです。

もし、そう思っても不安な人は、密着力に優れたナプキンを使うのがおすすめです。

ズレやヨレを軽減してくれるナプキンであれば、音を気にせず過ごせますよ。

または、ナプキン以外の生理用品を使うのもひとつです。

物は試しですから、自分に合ったものを選ぶとよいですよ。

この記事のまとめ
  • ナプキンをつけて歩いた時のカシャカシャ音は意外と周りに聞こえない
  • 音がなるのはナプキンの密着力が弱いから
  • フィット感に優れたナプキンを使えばズレやヨレを軽減できる
  • ナプキン以外の生理用品を使うという方法もある

社会貢献に繋がる新たな広告メディア
「OiTr ads」

OiTr adsへ広告出稿をご検討いただける企業様は、お気軽に下記窓口へお問い合わせください。

広告出稿に関するお問い合わせ

OiTr(オイテル)アプリ【無料】

上記バナーよりアプリインストールと簡単なユーザー登録で、個室トイレに設置されているOiTr(オイテル)がすぐに無料でお使いいただけます。オイテルの設置場所はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA