生理の血の色が黒いのはなぜ?終わったのに少量の出血が続く原因や対処法を解説

生理の血が黒くて「なぜだろう?」と不安や疑問を感じたことはないでしょうか。

血といったら「赤」の印象が強いので、生理の血が黒いと病気を疑うこともあるかもしれません。

今回は、生理の血が黒くなる原因や対処法、医療機関を受診した方がいい場合をご紹介します。

自分の状態が不安に思う方はぜひご覧ください。

生理の血が黒いのはなぜ?

生理の血が黒い原因として考えられるのは、空気に触れて起こる酸化反応です。

生理が終わりに近づくと、子宮内に残った経血が時間をかけて外に排出されるため、黒色に変化しやすくなります。

また、生理の血には剥がれ落ちた子宮内膜も含まれているため、黒っぽく見えることも。

そのため、ケガをした時の出血と比べて「黒っぽい」と感じるのは自然なことと言えるでしょう。

生理が終わったのに黒い血が出ても大丈夫?

前述の通り、生理の終わりかけに黒っぽい少量の血が出るのは、経血が身体の外に排出されるまでに時間がかかっているためなので心配いりません。

しかし、黒い血の出血が多かったり、生理とは別のタイミングで出血したりしている場合は不正出血の可能性があります。

生理が1週間以上長引く場合は婦人科の受診を検討しましょう。

\あわせて読みたい/

生理終了日とは血が出なくなった日のこと?判断基準や月経周期について解説

生理の血が黒以外になる理由

生理の血は、黒以外にも様々な色に変化します。

正常な生理であれば問題ないものもあれば、婦人科の受診を検討した方がいいものもありますので、ご自身に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

鮮血(赤)

生理の始めの経血量が多い時期は、身体の外に排出されるまでに時間がかからないので鮮血になる場合が多いです。

生理の出血なら健康のサインですが、不正出血が鮮血で続くようなら医療機関を受診しましょう。

ピンク

もともと鮮血だったものが薄まってピンク色になっていると考えられます。

生理の前後に子宮頸管から分泌された粘液が経血に混ざり、色が薄くなるのが原因です。

また、女性ホルモンのエストロゲン分泌量が低下している可能性もあります。

茶色

経血が排出されるまでに時間がかかると、黒以外にも茶色になることがあります。

茶色の出血が長く続く場合は、ホルモンバランスの乱れや病気の可能性がありますので、医療機関を受診しましょう。

オレンジ

細菌やウイルスによる感染症や、性感染症の可能性が考えられます。

嫌な臭いがする、経血の性状がネバネバしたりサラサラして様子が変化する、など他の症状があったらすぐに医療機関を受診しましょう。

病気以外の原因で生理の血が黒い時の対処法は?

体内に経血が残ることなく、スムーズに排出されれば「生理の血が黒っぽいかも…」と悩むことも少なくなります。

具体的には、ホルモンバランスを整えたり、身体の血液循環を良くすることが挙げられます。

「心配いらないとわかっていても気になる…」という方はご確認ください。

低用量ピルを服用する

女性ホルモンバランスの乱れで生理周期が乱れると、経血が排出されるまでに時間がかかるため血が黒っぽくなります。

低用量ピルでホルモンバランスを安定させれば生理周期が安定し、経血がスムーズに排出される可能性があります。

イソフラボンを含む食べ物を積極的に食べる

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、適量の摂取でホルモンバランスを整える効果が期待できます。

納豆、豆乳などの大豆製品を意識的に摂取しましょう。

具体的には納豆1パック、豆腐約1/2丁くらいです。

1日あたり40〜50mg程度が適量で、食べ過ぎはかえって悪影響を及ぼしますので注意しましょう。

規則正しい生活習慣を心がける

ホルモンバランスを整えるため、生活習慣を整えましょう。

  • 早寝早起きする
  • 日光を浴びる
  • 栄養バランスよく食事する
  • ストレス発散する
  • 十分な睡眠をとる
  • 適度に運動する
  • カフェインを摂り過ぎない

といったことを心がけてみてください。

生理の血が黒い時とあわせてチェック!こんな時は医療機関を受診しよう

生理の黒い血は心配ないことが多いものの、すぐに医療機関で医師に相談した方が良い病気の可能性も否定できません。

がんや感染症であれば早急に処置が必要です。

具体的にどのような時に受診すべきか、以下にまとめました。

生理不順になっている

ホルモンバランスが不安定だと生理不順が起こります。

不正出血で少量の黒い血がだらだら出続けている方は生理不順の可能性があるため、医療機関で検査を受けて原因を特定しましょう。

希望や必要に応じてピルなどで対処します。

レバー状の塊が出る

主に過多月経の時に見られる症状です。

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 子宮ポリープ
  • 子宮腺筋症

といった病気の可能性があります。

強い生理痛や貧血もあれば婦人科を受診しましょう。

特に、妊娠を望んでいる方は早めに対処した方がいい場合があります。

いつもと経血の状態が違う

経血の量や色など、普段と出血の様子が違う時は原因を早めに特定するために病院に行きましょう。

  • 妊娠による着床出血
  • 子宮体がん、子宮頸がんなどの子宮がん
  • 感染症、炎症

といった可能性も否定できず、すぐに対処する必要があるためです。

生理の血が黒いのは酸化が原因!普段と経血の様子が違ったら医療機関を受診しよう

生理の血が黒い主な原因は、空気に触れて時間が経って酸化するためです。

生理の終わりかけに黒い血が出るのは自然なことですが、中には女性特有の病気が隠れていることもあります。

病気以外の時の黒っぽい血を改善したい時は、ホルモンバランスを整えるために生活習慣の改善を心がけましょう。

生理の出血量や状態がいつもと違う場合は、一度医療機関の受診をおすすめします。

原因を特定して、必要であれば早めに対処しましょう。

この記事のまとめ
  • 生理の血が黒くなるのは、空気に触れて酸化するのが主な原因です
  • 体外に排出されるまでに時間が経っている証拠であり、生理の終わりかけなら心配ありません
  • ホルモンバランスが整うと、血の色が改善する可能性があります
  • 不正出血が黒い、出血量が多いなど他の症状があったら受診しましょう

社会貢献に繋がる新たな広告メディア
「OiTr ads」

OiTr adsへ広告出稿をご検討いただける企業様は、お気軽に下記窓口へお問い合わせください。

広告出稿に関するお問い合わせ

OiTr(オイテル)アプリ【無料】

上記バナーよりアプリインストールと簡単なユーザー登録で、個室トイレに設置されているOiTr(オイテル)がすぐに無料でお使いいただけます。オイテルの設置場所はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA