肌に優しい昼用・夜用ナプキンおすすめ10選!かぶれや蒸れを防ぐ対処法も紹介

※この記事は一部プロモーションを含みます

生理中にナプキンをつけていると、肌がかぶれたり、蒸れたりした経験はありませんか?

もともと敏感肌の人や、生理中だけ肌が敏感になってしまうという女性もいるかもしれませんね。

実は、生理中も快適に過ごせるよう、肌に優しいナプキンを選ぶ方法があるのです。

この記事では、肌に優しいおすすめのナプキンとかぶれを防ぐ方法などについて紹介します。

肌に優しいナプキンの選び方は?

ナプキンをつけていて、かぶれたり、蒸れたりする人は、ナプキンの素材に注目して選ぶとよいです。

「もともと敏感肌じゃないのに…」という人も、選び方次第でかぶれや蒸れを軽減できるでしょう。

ここでは、どのような素材のナプキンを選べばよいかについて紹介します。

通気性のいい素材

デリケートゾーンに湿気がこもり、蒸れないようにするために、通気性のいい素材のものを選びましょう。

天然素材のコットンや布ナプキンは通気性に優れ、湿気がこもりにくいです。

コットンは優しい肌触りなのも特徴で、化学繊維のナプキンに比べかぶれにくいのもメリット。

また布ナプキンの場合、使用した後は洗濯が必要なため、ナプキンと併用するという方法もありますよ。

肌ざわりがやさしい素材

敏感肌の人には、肌ざわりがやさしいオーガニックコットンを使用したナプキンがおすすめです。

オーガニックコットンとは、化学薬品の使用による負担を最小限に抑え、安全性に配慮した方法で栽培されたコットンのことです。

ふんわりした使い心地が特徴で、化学繊維のナプキンよりも蒸れにくく、通気性に優れています。

自分の肌質にあったもの

通気性や肌ざわりはもちろんですが、一番はやはり自分の肌質に合ったナプキンを選ぶことが大切です。

肌に合わないものを使い続けていると、かぶれの原因になり肌への負担も大きくなります。

自分にぴったりのナプキンで、生理中のブルーな気持ちを軽減しましょう。

「どれが合うかわからない…」という人は、次に紹介するおすすめの商品を参考にしてください。

肌に優しい昼用ナプキンおすすめ5選!

ひとくちに「ナプキン」といっても、大きく分けて昼用・夜用の2種類があります。

まずは、肌に優しい昼用のおすすめナプキンを紹介。

普段使いするナプキンを選べなくて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ロリエ しあわせ素肌Botanical Cotton100%

肌ざわりがよく、蒸れにくさも抑えたナプキンがよいという人には、ロリエの「しあわせ素肌Botanical Cotton100%」がおすすめです。

表面シートにボタニカルコットンを100%使用し、快適なつけ心地を実現。

また、経血を素早く吸収するうえ、通気素材を使用することでサラサラ感が続き蒸れにくいのも特徴です。

使い心地がよいナプキンを検討している人は、ぜひ試してみてください。

エリス 素肌のきもち

やさしい肌ざわりに加え、吸水力もほしいという人には、エリスの「素肌のきもち」がおすすめです。

シートには、肌が触れる率を少なくできるようポコポコ加工が施されています。

これにより、吸収後はベタっと感を抑えられ、通気性バックシートにより蒸れも軽減。

また、一般的な昼用ナプキンよりも吸水力が高いため、経血量が多い人でも安心して使えるでしょう。

個包装から取り出しやすいのも特徴のナプキンです。

cotton lab  オーガニックコットンナプキン

「何よりも肌へのやさしさを重視したい!」という人には、cotton lab「オーガニックコットンナプキン」がおすすめです。

表面には、無農薬有機栽培のコットンのみを100%使用し、敏感肌への配慮がされています。

「デリケートゾーンのかゆみが気になる…」という人でも安心して使えるでしょう。

ただし、一般的なナプキンに使用されている吸水性ポリマーが非採用のため、多い日や就寝中は横モレに注意が必要です。

また、こまめに交換することが推奨されています。

ソフィ はだおもいオーガニックコットン

蒸れにくさや肌へのやさしさに加え、防臭力もほしいという人には、ソフィの「はだおもいオーガニックコットン」がおすすめです。

肌にふれる部分にオーガニックコットンを使用し、自然でやさしい肌ざわり。

経血に加え汗まで吸収するので、湿気がこもらず快適ですよ。

さらに、防臭力に優れており、ショーツに装着しやすいのも魅力です。

不快感やストレスがないナプキンがよい人は、ぜひ試してみてください。

ナチュラムーン 多い日の昼用 羽つき

肌摩擦が少なく、ふんわりしたつけ心地のナプキンがよい人には、ナチュラムーンの「多い日の昼用羽つき」がおすすめです。

肌にふれるシートには、天然コットン100%の不織布を使用。

そのため、かぶれにくく、湿気がこもらないので蒸れるのがいやという人にぴったりです。

また、吸水性ポリマーの代わりに、植物由来の綿状パルプを使用しています。

その分、ナプキンは厚みがあるものの、しっかりと経血を吸収してくれるのでモレを軽減してくれますよ。

肌に優しい夜用ナプキンおすすめ5選!

天然素材を使用した昼用ナプキンは、吸水性ポリマーが未使用なことが多いため、こまめな交換が必要です。

商品によっては、とくに多い日用として不向きなものもあります。

そのため、快適性だけでなく吸水力も考慮して選びましょう。

一方、長時間交換できない夜用ナプキン。

つづいては、肌に優しいおすすめの夜用ナプキンを5つ紹介します。

ロリエ しあわせ素肌Botanical Cotton100%

昼用でも紹介したこちらのナプキン。

実は、昼用以外にも「多い夜用羽つき30cm」「特に多い夜用羽つき35cm」の2種類があります。

同社製品に比べ、高吸収ポリマーを6倍も配合しているので、一晩中モレなく安心。

ドバっと出てしまいがちな経血を瞬間吸収してくれますよ。

そのため、蒸れなく、肌のさらさら感が続きます。

さらに、バックシートには微細な孔があるため、通気性がよく快適なつけ心地です。

cotton lab オーガニックコットンナプキン

cotton labからも夜用ナプキンが販売されています。

「羽なし32cm」のロングタイプなので、就寝中の伝いモレを抑えてくれますよ。

動きに強い吸水パッドなので、ズレる心配もないでしょう。

表面にはオーガニックコットンを100%使用しているので、やさしいつけ心地を体感できます。

ナトラケア マキシパッド

取り外ししやすく、経血量が多い人には、ナトラケアの「マキシパッド 羽なし27cm」がおすすめです。

シートにはオーガニックコットンを使用し、きめ細かいのでふかふかなつけ心地。

パッド表面には溝があるので、経血量が多くても素早く吸収してくれますよ。

また、羽がないので取り外しが簡単なのがメリットです。

多い日に使える羽なしナプキンを検討している人は、ぜひ試してみてください。

ナチュラムーン 多い日の夜用 羽つき

昼用でも紹介したこちらのナプキン。

こちらも実は「多い日の夜用羽つき29cm」と「多い日の夜用羽なし29cm」の2種類があります。

ナプキンのサイドに「キルティングプレス加工」が施されているので、横モレやヨレを軽減。

動いてもナプキンの形状を保つので、寝返りをよくうつ人にぴったりです。

ノンポリマー(吸収体未使用)ですが、綿状パルプが十分な吸水量なのでモレなく安心。

余計な添加物不使用のナプキンなので「素材にこだわりたい!」という人におすすめですよ。

シェリコット オーガニックナプキン特に多い日の夜用

あたたかみのある肌ざわりのナプキンがよい人には、シェリコットの「オーガニックナプキン特に多い日の夜用」がおすすめです。

こちらのナプキンは、なんと肌にふれる部分すべてにコットンを使用しています。

表面だけでなく、横モレ防止のサイドまでコットンでできているので、肌への負担を最小限に抑えてくれますよ。

肌温度になじむつけ心地がよい人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

ナプキン以外で肌に優しい生理用品は?

おすすめの昼用・夜用ナプキンを紹介しましたが、気になる商品は見つかったでしょうか?

「ナプキン」とひとくちに言っても、最近はさまざまな種類のナプキンがあることを知っておいてくださいね。

しかし、実は肌に優しい生理用品はナプキンだけではありません。

洗濯して繰り返し使える布ナプキンも生理用品のひとつです。

一般的な紙ナプキンと違うのは、下着感覚で着用できるということ。

さらに、通気性がよく蒸れにくいのが特徴です。

自分にあった柄やサイズを選べるのも嬉しいポイントでしょう。

何度も交換する手間がないので、環境にもお財布にもやさしい生理用品です。

ただし、洗濯の手間が増えるうえ、外出時の持ち物が多くなるのがデメリット。

また、オーガニックコットンを使用した吸水ショーツもおすすめです。

吸水ショーツとは、ショーツ自体が吸水構造になっているアイテム。

蒸れにくく、かぶれにくいことから、紙ナプキンに代わるものとして注目されています。

月経カップと併用すれば、経血量が多い人でも安心して使えますよ。

ナプキンかぶれを防ぐ肌に優しい対処法は?

自分の肌質に合った生理用品を使っても「かぶれてしまう…」「蒸れてかゆい」という人は多いはず。

とはいえ、誰かに相談するのは恥ずかしいですし、勇気がいります。

そのような時は我慢せず市販薬を使いましょう。

ここからは、ナプキンかぶれを防ぐ肌に優しい対処法について紹介します。

パウダーを使う

デリケートゾーンがかゆくなるのは、湿った状態が続き蒸れているからです。

そのような時は、デリケートゾーンをさらさらに保ってくれるパウダーがおすすめ。

最近では、ナプキン(経血)やおりものの張り付きを抑え、不快感を軽減してくれるさまざまなアイテムがあります。

塗布しやすいパフが付属している商品もあるので、簡単に使用できますよ。

クリームで保湿する

ナプキンによる摩擦やデリケートゾーンの潤いが少ないと、乾燥肌になりかぶれてしまいます。

そのような時は、クリームで保湿するのがおすすめです。

最近では、デリケートゾーン専用の保湿クリームがあり、月経やおりものによるかゆみやかぶれを抑えてくれます。

外出時にはポーチにそっと忍ばせておくと安心です。

肌に優しいナプキンは天然素材がおすすめ!ナプキン以外の生理用品も試してみよう

この記事では、蒸れやかぶれを抑える肌に優しいナプキンの選び方について紹介しました。

敏感肌の人は、通気性がよく、肌ざわりが優しいナプキンを選びましょう。

2つをふまえたうえで、自分の肌質に合ったナプキンを選ぶことが大切です。

また、ナプキン以外にも布ナプキンや吸水ショーツなどの生理用品を使うという方法もあります。

デリケートゾーンのかゆみやかぶれは、保湿クリームやパウダーを使って対策しましょう。

ナプキンによる肌トラブルは誰もが経験するものです。

我慢せず、少しでも合わないと感じたらナプキンを変えてみたり、デリケートゾーンのケアを試してみたりしてください。

生理中でも、快適に過ごしていきましょうね。

この記事のまとめ
  • 肌に優しいナプキンを選ぶときは、通気性と肌ざわりに注目
  • 布ナプキンや吸水ショーツという選択肢も
  • デリケートゾーンのトラブルは我慢しない
  • 自分の肌質に合ったナプキンを選ぼう

社会貢献に繋がる新たな広告メディア
「OiTr ads」

OiTr adsへ広告出稿をご検討いただける企業様は、お気軽に下記窓口へお問い合わせください。

広告出稿に関するお問い合わせ

OiTr(オイテル)アプリ【無料】

上記バナーよりアプリインストールと簡単なユーザー登録で、個室トイレに設置されているOiTr(オイテル)がすぐに無料でお使いいただけます。オイテルの設置場所はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA