PMS(月経前症候群)のセルフチェック!診断基準も解説

生理前になると身体的・精神的に辛い症状が現れる「PMS(月経前症候群)」。

生理があるうちは仕方ない症状として、耐えている人も多いですが、PMSは治療方法もある病気です。

今回は、PMSについて診断基準とともに、セルフチェックできる診断項目を紹介します。

自分の生理前の不調と合わせて考え、当てはまる項目がある場合は、病院で検査を受けましょう。

PMSの診断基準は?

PMSは月経前に身体的・精神的に不調が現れる病気です。

症状の現れ方や程度にはかなり個人差があり、生理前だからと諦めている人も多いですが、それはPMSで治療に該当する可能性があります。

PMSは主に婦人科や心療内科で相談でき、診断基準は以下の通りです。

  • 過去3ヶ月連続および月経前5日間で、身体・精神的な症状が出現した。
  • 月経開始から4日以内には症状がなくなり、以降13日目まで再発しない
  • 症状は薬の服用やアルコール摂取に由来するものではない
  • 身体・精神的な症状により日常生活に明らかな支障をきたす

診断方法はその病院によって多少異なりますが、基礎体温を付けておき、一緒に提出するとより正確な診断の材料となります。

【診断】PMSセルフチェック

生理が始まる前に、身体・精神的な症状が出る人は自分がPMSなのか気になりますよね。

ここでは、身体・精神面別にPMSとして表れる代表的な症状を一覧化しました。

YESかNOで回答して、毎月の生理前に起こる症状としてひとつでも当てはまる人は、一度専門医の診察を受けるようにしましょう。

PMS診断・身体編

  1. 倦怠感がある
  2. めまいや動悸が起こる
  3. 食欲が増す
  4. 頭痛が起きる
  5. 腹部の張りや吐き気がする
  6. 下腹部痛がある
  7. 体がむくむ
  8. 過眠もしくは不眠になる
  9. 乳房の痛みや張りがある
  10. 下痢や便秘が起きる

PMS診断・メンタル編

  1. 理由なくイライラする
  2. 急に涙が出る
  3. 無気力になる
  4. 怒りっぽくなる
  5. 集中力がなくなる
  6. 感情がコントロールできない
  7. 強い不安感がある
  8. 常に緊張状態になる
  9. 憂鬱な気分になる
  10. 失敗・物忘れが多くなる

PMSかどうかセルフチェックをして自分の体調を振り返るきっかけに!診断で1つでも当てはまれば月経前症候群の可能性あり

セルフチェックはいかがでしたでしょうか。

紹介した項目の中で、毎月の生理前に起こる症状として我慢しているものがある場合は、PMSの可能性があります。

毎月の自分の体調を振り返り、症状に対して適切な対処をすることでPMSの辛さは軽減できます。

決して「生理前だから仕方ないこと」と諦めずに、専門の病院で相談してみてくださいね。

社会貢献に繋がる新たな広告メディア
「OiTr ads」

OiTr adsへ広告出稿をご検討いただける企業様は、お気軽に下記窓口へお問い合わせください。

広告出稿に関するお問い合わせ

OiTr(オイテル)アプリ【無料】

上記バナーよりアプリインストールと簡単なユーザー登録で、個室トイレに設置されているOiTr(オイテル)がすぐに無料でお使いいただけます。オイテルの設置場所はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA