デリケートゾーンのかゆみを抑える方法は?予防法や病院に行くべき症状例を解説

デリケートゾーンのかゆみは、不快であるとともに人に相談しにくく悩みますよね。

かゆみ・かぶれが出てしまった場合はどう対処したらいいのでしょうか。

そこで今回は、デリケートゾーンのかゆみを抑えたり、予防したりする方法をはじめ、病院に行くべき要注意な症状例を解説します。

早めに治すためにも、ぜひ参考にしてみてください。

デリケートゾーンのかゆみの原因

デリケートゾーンのかゆみは、どのような原因で起こるのでしょうか。

ここでは、主にかゆみやかぶれの原因となるものを解説していきます。

生理中の経血やおりもの

生理中に出る経血やおりものは、体外に出ると酸化して雑菌が繁殖しやすくなります。

生理用ナプキンやおりものシートで吸水したとしても、肌に雑菌が付着してかゆみやかぶれなどを引き起こします。

雑菌は放置する程増えるので、生理用品はこまめに交換しましょう。

生理用品による刺激

デリケートゾーンは、皮膚が薄く生理用品が接触した際のこすれなどでも刺激を受けやすくなっています。

また、ナプキンの素材によっては肌にあわないケースもあり、かぶれやかゆみを起こしやすくなってしまうのです。

特に肌が弱い人は、肌への刺激が少ない生理用品を選ぶようにしましょう。

汗やムレ

デリケートゾーンは常に下着に覆われているため、多湿になりやすい環境です。

また、汗や皮脂もたまりやすく、これらもかゆみやかぶれの原因となります。

通気性のいい下着を着用するなど、デリケートゾーンをなるべくさらさらに保つことが、かゆみやかぶれの予防になります。

感染症

「性感染症(STD)」を含む感染症も、デリケートゾーンのかゆみやかぶれの原因になります。

性感染症は、性行為などが原因で雑菌が体内に入り込むことにより発症する病気です。

膣内の粘膜は皮膚と違ってバリア機能が弱いため、感染症を起こしやすくなっています。

感染経路は外部からだけではなく、膣カンジダのように常在菌(カンジダ菌)により発症するケースもあるため、かゆみがでたら病院での検査を検討してください。

特にカンジダは、健康な女性でも疲れやストレスなど、免疫力の低下で発症します。

誰でもかかる性感染症のひとつとして、覚えておきましょう。

デリケートゾーンのかゆみを抑える方法

デリケートゾーンにかゆみが出たら、放置せずにまずは自分でできる対策を試してみましょう。

ただし、あまりに強いかゆみや痛み、他にも腹部痛や発熱など明らかな異変が出た場合は早急に病院を受診してください。

市販薬の試用

薬局やドラッグストアなどでは、デリケートゾーン用のかゆみ止めが市販されています。

かゆみを抑える効果はもちろん、殺菌・消毒作用が含まれているものも。

また、クリームや直接膣に差し込む膣錠も販売されているので、症状に合わせて買いやすいタイプを選びましょう。

また、パッケージに記載されている有効成分を確認して、自分の症状に当てはまる成分のものを使用してください。

中には第1類医薬品もあるので、薬剤師さんの説明を聞き相談するのもいいでしょう。

デリケートゾーンを清潔に保つ

かゆみが生じているということは、デリケートゾーンが普段以上に敏感になっている証拠です。

そこで大切なのはデリケートゾーンを清潔に保ち、刺激を与えないこと。

生理中ナプキンやおりものシートは長時間放置せず、こまめに交換してデリケートゾーンを清潔に保ちましょう。

また、デリケートゾーン用のウェットシートも発売されているので、トイレに行くタイミングで拭いておくのも効果的です。

デリケートゾーンの保護

とくに生理中にかゆみが出た場合には、デリケートゾーンへの刺激を減らし保護してあげましょう。

具体的には、タンポンや月経カップを使って経血を直接肌に付けないようにする方法です。

また、肌触りの良いトイレットペーパーや肌に優しい素材の紙ナプキンや布ナプキンを使うのもいいでしょう。

少しでも刺激を避けることで、かゆみが抑えられるケースもあるので、ぜひ試してみてください。

病院に行くべきデリケートゾーンのかゆみ・症状

デリケートゾーンのかゆみは、必ずしも病気が原因とは限りません。

だいたいは皮膚トラブルによるかゆみ・かぶれが元となって起こりますが、中には病院での治療が必要なケースも隠れています。

デリケートゾーンの悩みは皮膚科・産婦人科で相談できますので、近くの病院を調べておきましょう。

ここでは、病院の受診を検討するべきかゆみや症状について解説します。

強いかゆみが続き範囲が広い

かゆみが強く範囲が広い場合は、自己判断せずに病院での検査が必要です。

外陰部のかゆみは、下着・ムレ・生理用品などによるかぶれが多いですが、場合によっては細菌性のものも。

放置して体内に侵入すると、感染症として症状を悪化させるので早めに診察を受けましょう。

水疱や潰瘍がある

水疱や潰瘍ができた場合も、病院での治療が必要です。

水疱とは水を持った小さなブツブツの集まり、潰瘍は傷が深くえぐれたようになった状態を指します。

こうした症状は、範囲が広がったり傷がどんどん深くなる恐れがあります。

症状により、合った薬での治療が必要となるため、自分で触ったり潰したりはせずに、必ず病院で相談してください。

市販薬を使用しても症状が改善しない

外陰部の狭い範囲で軽いかゆみは、市販薬を使って様子を見ても大丈夫です。

しかし1週間ほどしても症状が改善しない、症状が酷くなってくる場合は速やかに病院で相談をしてください。

かぶれなどだけでなく、細菌性からくるかゆみの場合があるため、放置すると症状がどんどん悪化していきます。

おりものに異変がある

正常なおりものは、半透明もしくは白く濁っており、少し甘酸っぱい香りがします。

また、生理と生理の間には茶色いおりものが出ますが、これもあまり心配はありません。

個人差はありますが、以下のようなおりものが出た場合は注意が必要です。

  • 真っ白いクリーム状や酒粕のようになっている
  • 黄緑など膿のような色になっている
  • 臭いがいつも以上にきつく、かゆみもともなう

これらは、膣内に炎症が起きていたり、感染症にかかっている可能性があります。

また、女性ホルモンのバランスの乱れにより膣内環境が乱れているケースも。

膣内環境の乱れを放置すると、子宮・卵管・骨盤などに疾患を及ぼす恐れがあります。

いずれも早急な治療が必要ですので、必ず病院を受診してください。

デリケートゾーンのかゆみを予防する方法

デリケートゾーンは荒れやすい場所ですが、日頃のケアで予防することもできます。

ここでは、デリケートゾーンを保護するために有効な方法を、解説していきます。

正しい洗浄

デリケートゾーンを清潔にしようと、ゴシゴシ洗ってしまう人もいますが、これはNGです。

洗い過ぎは肌にダメージを与え、乾燥や肌荒れを起こして雑菌が入り込みやすくなるので注意してください。

デリケートゾーンの洗浄は、専用の石鹸を使い優しく洗いましょう。

泡立ネットなどを使い、たっぷりの泡で陰部を包むように洗い、できるだけ手でこすらないのがベストです。

最後はよく洗い流し、水分もしっかり拭き取るようにしましょう。

保湿

肌への刺激とともに、乾燥もかゆみの原因となるためデリケートゾーンを保湿することも大切です。

保湿をすると、余計にムレてしまう印象もありますが、肌にバリアを作ってあげることで、かゆみに繋がる刺激を回避してくれるのです。

デリケートゾーンの皮膚は薄くて繊細なので、専用の保湿剤を使用しましょう。

刺激が強い保湿剤は、逆に肌荒れを起こすので注意が必要です。

アンダーヘアの処理

アンダーヘアも、ムレやかゆみを引き起こす原因となります。

毛量や形を整え、少しでも通気性をよくすると、ムレが軽減されかゆみ・かぶれの予防にも繋げることが可能です。

しかし、普通の剃刀やハサミを使うと、逆に肌を傷めたり毛の先端がチクチクしたりしてかゆみに繋がる恐れも。

処理をする際には深剃り防止カバーがついた、専用のシェーバー・毛先を丸く焼き切るヒートカッターを活用しましょう。

または専門のクリニックを利用して処理して貰うのも、おすすめです。

デリケートゾーンは荒れやすい部分!かゆみが出たら病院へ行くことも検討しよう

デリケートゾーンは肌が敏感で荒れやすい部分です。

少しの刺激でも、かゆみやかぶれが出てしまい、雑菌も繁殖しやすい場所。

日々のケアで、かゆみの予防ができるので、意識して清潔を保っていきましょう。

また、かゆみが続いたり異常がある場合は、決して自己判断をせずに医療機関で検査をすることも大切です。

この記事のまとめ
  • デリケートゾーンのは皮膚の中でも荒れやすい部分、刺激を避け清潔さを保つようにしよう
  • かゆみが強い・市販薬が効かない・症状が悪化する場合は早急に病院へ相談を
  • デリケートゾーン用ケアアイテムもチェックし、肌の保護を習慣化させよう

社会貢献に繋がる新たな広告メディア
「OiTr ads」

OiTr adsへ広告出稿をご検討いただける企業様は、お気軽に下記窓口へお問い合わせください。

広告出稿に関するお問い合わせ

OiTr(オイテル)アプリ【無料】

上記バナーよりアプリインストールと簡単なユーザー登録で、個室トイレに設置されているOiTr(オイテル)がすぐに無料でお使いいただけます。オイテルの設置場所はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA