生理痛を和らげる飲み物は?避けるべき飲料やダメな理由も紹介

生理痛を和らげたい時、以下の飲み物がおすすめです。

  • ハーブティー
  • ココア
  • しょうが湯
  • 白湯
  • 豆乳
  • ホットミルク

温かい飲料は、心もホッとするような落ち着きを取り戻したい時にも効果的で、生理中のイライラを和らげます。

しかし、その一方で、避けるべき飲料があるのを知っていますか。

そこで、生理痛を和らげる飲み物と避けるべき飲料を紹介していきます。

生理痛を和らげる飲み物は?

生理痛は、子宮内膜が剥がれる時に「プロスタグランジン」という痛みを引き起こす物質が出ることによって起こります。

痛みは子宮を温めることで軽減し、月経中のさまざまなトラブルを防ぐのです。

そこで、生理痛を和らげる飲み物を6つ紹介します。

少しでも痛みを和らげて、月経中の苦痛を減らしていきましょう。

ハーブティー

生理痛を和らげるには、ハーブティーがおすすめ。

体を温めることで血行が良くなるだけでなく、リラックス効果や不眠にも良い影響を与えます。

とはいえ、ハーブティーは種類が多いため、何を飲んだらよいのか迷ってしまいますよね。

今回は、おすすめのハーブティーを紹介します。

  • ジンジャーティー
  • カモミールティー
  • ローズヒップティー
  • ペパーミントティー
  • チェストベリーティー

チェストベリーティーは、女性ホルモンの分泌を調整する効果があるので、生理前に飲むとよいでしょう。

ただし、ハーブティーの中にはカフェインを多く含むものもあります。

カフェインは血管収縮作用があり、生理痛が悪化する原因になることも。

そのため、生理前〜生理中はカフェインの多い飲み物を控えましょう。

ココア

生理痛には、ココアも効果的です。

ココアは、カカオポリフェノールやテオブロミンが含まれており、血管を広げる効果があります。

血管が広がると血流が良くなり、身体の冷えやむくみを抑える効果が期待できます。

また、ミルクココアのほどよい甘さがイライラの軽減にも。

身体を温めながら精神的な安定を取り戻せるため、生理中にはおすすめです。

カロリーが気になる人は、糖分が抑えられたピュアココアにしましょう。

しょうが湯

しょうが湯は、身体を温める効果が高く、生理痛におすすめの飲み物です。

ショウガオールやジンゲロールといった成分が入っており、血行促進や身体を温める効果を発揮します。

生理中の体の冷えは腹痛や腰痛を引き起こす原因になるため、積極的にしょうが湯を取り入れましょう。

また、生姜には抗炎症作用があることで知られています。

抗炎症作用とは、鎮痛剤と同じ効果を発揮するため、生理中の痛みを和らげてくれるのです。

白湯

生理痛に効果がある飲み物として、白湯もおすすめの一つ。

白湯とは、水を50〜60度に温めた飲み物のことです。

白湯は、身体を温める効果があるうえに、カフェインなどの生理中に控えたほうがよい成分が入っていません。

水を温めるだけでいつでも飲めるので、手軽に作れる点もおすすめ。

あえて購入する必要がないため、自宅にいながら好きなタイミングで作れます。

豆乳

生理中に豆乳を飲むことで、嬉しい効果を発揮します。

豆乳には、イソフラボンが多く含まれています。

イソフラボンは、女性ホルモンの一つ「エストロゲン」と似た働きをし、生理痛を和らげる働きがあるのです。

豆乳だけで飲むのが苦手な人は、ココアを温かい豆乳で割るのがおすすめ。

牛乳よりも低カロリーで抑えられるうえに、ダイエットにも効果があるため、美味しく飲みながら生理痛を和らげましょう。

ホットミルク

生理痛にはホットミルクもおすすめです。

身体が温まるうえに甘さもあるため、ストレスの軽減にも繋がります。

特に、生理中は何かとイライラしてしまうもの。

ホットミルクにはカルシウムが入っており、イライラを和らげます。

カルシウムには、イライラの原因となる交感神経を抑制する働きがあり、リラックス効果が期待できるためおすすめです。

生理痛がある時に避けるべき飲み物は?

生理中をより快適に過ごすためには、避けるべき飲み物にも気を遣いたいですよね。

生理痛の悪化やイライラを引き起こす原因にもなるため、飲食にも意識を向けることが大切です。

もしかすると、今まで何気なく飲んでいたものが、生理中には好ましくない飲料である可能性も。

そこで、生理痛がある時に避けるべき飲み物を紹介します。

カフェインを含む飲料

生理痛がある時は、カフェインを含む飲み物は控えましょう。

カフェインは血管を収縮させる働きがあり、身体の冷えに繋がるからです。

生理中の冷えは血流循環を悪くする原因になり、生理中の痛みを悪化させる可能性があります。

また、カフェインは普段から目にする飲み物にも入っているため要注意です。

生理痛がある時は、以下の飲料を控えましょう。

  • 緑茶
  • 紅茶
  • コーヒー
  • エナジードリンク
  • 炭酸飲料

普段何気なく飲んでいる飲料にも、カフェインは多く含まれています。

また、カフェインは鉄分の吸収を妨げる作用があるため、貧血の原因になることも。

生理中は、飲料にも気を遣うことで苦痛を和らげる効果があるため、意識してみましょう。

アルコール類

生理痛がある時は、アルコール類もおすすめできません。

アルコールを摂取することで血流促進に繋がり、経血量が増える可能性があります。

経血量が増えると貧血の原因になるため、アルコールは控えたほうがよいでしょう。

また、アルコールはキンキンに冷やして飲みたいという人も多いですよね。

しかし、冷えたアルコールは身体を冷やす原因になります。

飲み会などのアルコールが避けられない時は、できるだけ常温に近いものを飲んだり、量を減らしたりなど、工夫しましょう。

生理痛を和らげるなら温かい飲み物で身体の緊張をほぐそう!

今回は、生理痛を和らげる飲み物と避けるべき飲料について紹介しました。

女性にとって生理痛は苦痛であり、生理中の気分が下がる原因にもなります。

そのため、少しでも快適に過ごすためには、身体を温めることが大切です。

温かい飲み物は緊張をほぐす効果があるため、リラックスができます。

身体を温めることで症状の緩和に繋がるので、生理期間は飲料選びにも意識を向け、生理中の苦痛を和らげましょう。

社会貢献に繋がる新たな広告メディア
「OiTr ads」

OiTr adsへ広告出稿をご検討いただける企業様は、お気軽に下記窓口へお問い合わせください。

広告出稿に関するお問い合わせ

OiTr(オイテル)アプリ【無料】

上記バナーよりアプリインストールと簡単なユーザー登録で、個室トイレに設置されているOiTr(オイテル)がすぐに無料でお使いいただけます。オイテルの設置場所はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA